アムウェイ浄水器 - ネットワークビジネスで口コミも勧誘もなくダウンが集まる成功法!

アムウェイ espring浄水器Uの実力はミネラルウォーターを越えられるか?

口コミが苦手な人に向いてるやり方もあるんです


アンチアムウェイの友人から
アムウェイ浄水器の相談を受けました!

彼女の娘さんは酷いアトピーで、水や洗剤にも気を使っていて

今回、市販のミネラルウォーターを買わなくて済むよう
浄水器の購入を考えているようです

先ずはコスト面

ご飯を炊くとき
実は、お米を研ぐところから安全な水にしなくては意味がありません

何故なら、米は最初に浸した時に最も水を吸ってしまうので、
研ぐときは水道水,炊く時だけミネラルウォーター!では駄目なのです!
とうもろこし.jpg写真素材-フォトライブラリー

アムウェイ浄水器のランニングコストは
よく中空糸膜の蛇口直着型の物と比較されますが

中空糸膜は元々は人工透析に使われているろ過技術で
目詰まりせずに水質を維持して使おうと思ったなら、か
なりマメに交換する必要があるでしょう!

現在のアムウェイesprin浄水器Uは初代のアムウェイ浄水器では別々だった 圧縮活性炭フィルターと紫外線ランプが一体型になり

パーツ交換の目安は
1年間使用後か5000g浄水使用後のどちらか早い方

1年当たりのコストは33888円

1ヶ月当たりのコストは2824円

となり,カートリッジは定期配送であれば、
1年目で5%off、
2年目で10%off、
3年目以降が15%offと、安くなります。


市販のミネラルウォーターのコストが

1年当たり331000円

1ヶ月当たり27583円

なのを考えると、コスト面でミネラルウォーターより高いとは言えない様です。



次に性能と使い易さですが

アムウェイ浄水器は客観的な評価を得るため
国際規格の認定を受けているようです!

通常の浄水器で使われる活性炭が粒状活性炭なのに対し、

アムウェイ浄水器の活性炭は、圧縮活性炭を採用しています

粒状活性炭では水の通り道が出来、均等に接触出来ないため長期間保たせられない欠点がありますが

アムウェイ浄水器の圧縮活性炭では粒子が非常に細かいため
0.2マイクロメーター以上の微粒子を取り除き

塩素やトリハロメタンなどの有機化学物質を吸着して除去しますが大切なミネラルはそのまま


その後
紫外線ランプに入水され圧縮活性炭フィルターで除去されない微粒子の
カビ、バクテリア、ウィルス、細菌などの微生物を99.99%不活性化!

アムウェイesprinU浄水器では
前面のモニター表示で使用状況や不具合も内蔵されたスマートチップの情報を
チェック出来る仕組みになっており、徹底して人的ミスを防止する設計です!

また、

アムウェイ浄水器は飲み水だけに留まらず
バススプリング(バスルーム浄水器)も販売中!


あくまで優先順位の問題ですが

もし、水道水ではない水を選ぶのであれば

コスト面を考えてもアムウェイ浄水器は市販のミネラルウォーターより高いとは言えない様ですね(*^^*)


主婦が在宅でサクサクお仕事はコチラ


解析タグなど・終了▲-->
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。